ISAS最新情報

小惑星リュウグウの軌道の進化史

「はやぶさ2」で取得したデータの解析から、小惑星リュウグウは過去に現在よりも太陽に接近する軌道にいた可能性が示された。>>詳細へ

火星隕石が生命活動にも関わる有機窒素化合物を保存していることがわかりました。大型放射光施設SPring-8を用いた最新の化学分析による成果です。>>詳細へ

「あかつき」、金星大気のスーパーローテーションの維持メカニズムを解明

「あかつき」によって取得された観測データから、長年謎だった金星大気のスーパーローテーションがどのように維持されているのかを明らかにしました。>>詳細へ

全天X線監視装置(MAXI)によるX線全天マップの取得に成功

国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟船外実験プラットフォームに搭載のMAXIの観測によるX線千点マップが完成しました。>>詳細へ

40億年前の火星の岩石から有機窒素化合物を検出

小惑星リュウグウの軌道の進化史

「はやぶさ2」で取得したデータの解析から、小惑星リュウグウは過去に現在よりも太陽に接近する軌道にいた可能性が示された。>>詳細へ

40億年前の火星の岩石から有機窒素化合物を検出

火星隕石が生命活動にも関わる有機窒素化合物を保存していることがわかりました。大型放射光施設SPring-8を用いた最新の化学分析による成果です。>>詳細へ

「あかつき」、金星大気のスーパーローテーションの維持メカニズムを解明

「あかつき」によって取得された観測データから、長年謎だった金星大気のスーパーローテーションがどのように維持されているのかを明らかにしました。>>詳細へ

BepiColomboと付き合って20年

20年の長期間、BepiColombo計画に携わった「みお」の元プロジェクトマネージャ 早川 基による寄稿です。 >>詳細へ